シワの悩みもこれで解決できる タイプ別のセルフケア3選

シワができると一気に顔が老けて見えますよね。「年齢を感じて鏡を見るのが苦痛」「同級生の方が若く見えて落ち込む」などシワが目立つといろいろな悩みを生じるものです。でも、諦めなくても大丈夫です。対処をしっかりすれば目立たなくできますよ。

乾燥じわをなくすための改善方法

上唇の上に縦線のようにシワが走る、口をすぼめると放射状にシワができる。原因となるのは年齢を重ねた事に加えて乾燥が影響しています。
ではどのような対処をすればいいのでしょうか?

シワが大きくなる前に予防しておく

乾燥じわはひとつひとつは小さい事もあり、あまり目立ちません。それが集まる事で目に見えるほどの大きなシワになってしまうのです。
したがってシワの進行を抑えるために、細かいうちに対処しておきましょう。保湿をする事が対策になります。

部屋の空気を気をつける

一年で秋と冬は空気が乾燥しやすいです。対策としては洗濯物は室内で干すようにする、加湿器を使い湿度を調整するなどがあります。

保湿成分配合の化粧品を使う

乾燥対策にセラミドやヒアルロン酸などの保湿効果が高い成分が入っているスキンケア商品を使いましょう。

表情ジワは顔の動かし方が問題になる

笑ったりした時のシワが目だち表情を元に戻してもシワが残ってしまうような人は表情ジワの可能性があります。では、どのような対策があるのでしょうか。

表情のくせが原因

表情ジワができる場所は表情筋があるところです。繰り返えし同じ箇所にシワを寄せる行為が原因です。皮膚が形状を記憶してしまうとしわが刻まれます。
できる対策は表情を作るために口角などに必要以上には力を入れないようにする事です。また、片側の歯で物を噛む癖がある人も注意しましょう。

真皮の水分量がカギになる

真皮層ではコラーゲンやエラスチンの働きにより、肌の弾力やみずみずしさが保たれます。コラーゲンやエラスチンの働きを強めるために保湿力が高い化粧品を使うと効果的です。
またシワを伸ばしてから美容液を塗れば、有効成分が奥まで肌の奥まで届きやすくなります。この事もシワ対策になります。

筋肉が衰えたらできるたるみジワ対策

顔の筋肉を動かす機会が少ない人もシワができます。筋力が落ちてしまうと、皮膚を支える事ができなくなりたるみを生じる事になるのです。では、どのような対策があるのでしょうか。

生活の中で顔の筋肉を鍛える

顔にはたくさんの筋肉がありますが、使いきれていない人も多くいます。思い当たる人は普段から人と会話を積極的にする、笑う時には遠慮せずに大きく笑う、食事の時にはよく噛んで顔の筋肉を動かすようにするなどできる事はあります。

表情筋を意識的に鍛えるようにしましょう。また表情筋エクササイズなどもしてみるといいです。効果はありますが、エクササイズの注意点としては、やり過ぎると表示ジワを悪化させます。適度にする事が大事です。

間違った基礎化粧品を選ばない

基礎化粧品を適当に選んでしまうと、シワは深まるばかりです。
ではシワが消える化粧品の条件はというと、コラーゲンがしっかり吸収される基礎化粧品です。

多くのコラーゲン系化粧品がありますが、ドモホルンリンクルはコラーゲンを古くから研究しつづけているので信頼できるかと思います。

お高いのがネックですが、ドモホルンリンクルの値段を確認したところ、1日1,000円強でフルスキンケアをできます。

ポイント使いであれば100円程度から始めることができますよ。
(まずは無料お試しでエイジングケア効果を確認してください。)

シワができるといよいよ自分の年を感じますね。若い時には気にしなくてもよかったけれど、シワが目立つようになると焦るものです。
でも、諦めなくても大丈夫ですよ。それぞれできる対策がありますから、普段の生活の取り入れてみてはいかがですか?